お金くれる人

「お前はお金くれる人なら誰でも体を売るのか。」「何を今更そんなこと言っているの。彼氏とやってもお金くれるわけないし、お金くれる人とやった方が楽だよ。」そう言って私は先ほどまでHをした男からお金を貰いました。そのお金を持って大好きなギャンブルをする私。仕事もしたくない。けど、お金がなくなるから仕方なく体を売る。この生活がもう5年くらい続いていました。

そんなある日、親から電話がありました。父親が病気で入院しているという内容でした。両親に会うのも3年ぶり。私は久しぶりに父親が入院している病院へ行きました。やせ細った父親の姿。昔はすごく厳しく大っ嫌いだった父親が弱々しくなっていました。「梨華、こういう事頼めた義理ではないんだけどお金あるかな。お父さんの入院費が多額で。」いつも厳しく育てていた母の姿も弱々しい。「いくら欲しいの。」「梨華に任せる。ごめんね。」私は手持ちの5万を渡しました。母は泣いて感謝されました。その後病院から出ました。
お金くれる

病院から出た後、私はすぐにある男性に電話しました。その人は私にお金くれる人。「タカちゃん、お小遣い欲しいよ。」「珍しいね。梨華から電話くれるなんて。」「色々あってね。」「いいよ。じゃぁ、夜いつものホテルで会おう。」「分かった。」私はいつも以上にお金を稼ごうと思いました。厳しかった親が私に甘えてくる姿に胸が苦しくなったから。私の体が崩れてもやれるだけのことはやりたい。

それから一年後。父は他界し、母と二人暮らしをしています。今は普通に就職し、そこで1人の男性と付き合うようになりました。私も普通の生活を送るようになりました。
クリ拷問
クリ肥大

38歳独身女性百貨店勤務の出会いがない現状の克服体験談

私は大学を卒業してからずっと百貨店に勤めています。
結婚経験はありません。
結婚願望がないわけではないのですが、とにかく出会いがないのです。
大学は女子大でしたし、職場はほとんどが女性です。
売り場もずっと女性服飾関連なので、お客様もほとんど女性です。
たまにプレゼントを買いに来られる男性もいますが、プレゼントを買うくらいですので、彼女や奥様がいます。
おつきあいした人がいないわけではないのですが、たまに友達などに紹介される人と少しおつきあいしてもフィーリングが合わないと別れてしまい、その後、また出会いがない暗黒時代に入ってしまいます。

そんな状態でいつかは運命の出会いがあるかと思いながら、結局出会いがないままに38歳になってしまい、40歳までにはなんとか結婚したいと思ってました。
そんな矢先ネットでたまたま『出会いがない人集まれ!【超簡単!彼氏・彼女の作り方】』というサイトにあった彼氏の作り方を見つけ、そこに書いてある方法を試してみようと思い、思い切って出会い系サイトに登録しました。
登録するとすぐに何人もの方からメールが来てびっくりしましたが、よく見ると50代、60代の方もあり、さすがに親と同じ年代の方は・・・なので、年齢が近く、結婚願望があり、収入が高い方を中心に返信し、メール交換しました。
写真を公開していない方もプロフィールが魅力的だとメールしてみましたが、いい感じかなと思ったころに写真を送ってもらうと年齢をごまかしているのではというくらい老けているなど、がっかりすることも何度もありました。

結局、出会い系サイトでもいい出会いがないのかとめげそうになりましたが、待っているだけではだめだと奮起し、自分からよさそうな人に積極的にメールすることにしました。
すると、初めて自分からメールした人とかなり意気投合し、最初はその出会い系サイトのメールを使っていましたが、そのうち個人のパソコンのメールアドレスやスマホのアドレスを交換し、1日に何度もメール交換するようになりました。
写真も最初のうちに交換したのですが、こんな人とネットで知り合えるのかとびっくりする位、容姿も素敵でした。それで、お互い仕事も忙しく、なかなか会えそうになかったのですが、お互いに会いたい気持ちが抑えきれなくなり、ついに二人で同じ日に仕事を休み、ランチしました。
メール交換でかなりのことをお互いに知っていたので、とても初対面とは思えず、話が盛り上がり、気持ちも盛り上がって、そのまま彼の車でホテルへ・・・。
その後も忙しい中、時間を作って会っています。
こんな幸せがあっていいのか、もしかして騙されているのかも・・・などと思うこともありますが、もう彼なしの日々は考えられません。
本当に出会い系に登録して良かったです。

29歳独身男性会社員の出会い系サイト利用記

仕事が休みの日に、あまりに暇なのでダラダラとネットサーフィンをしていると、適当に進めていったサイトの中で少し気になる記事があった。
それは出会い系サイトの経験談だった。
「へえー、こんなに簡単に出会えるもんなのかな。
ちょっとやってみようかな」 軽い気持ちでいくつか出会い系サイトを調べて、早速登録してみることにした。
登録してみたものの、待っててもレスなんてあるわけなく、こちらからアクションを起こすことにした。
プロフィールを検索し、気になる人にアプローチを開始したのだ。
基本的には自宅の近所の女の子を中心にメッセージを送ることにした。
10件送信して1件レスが帰ってきた。
「よし!返信きたー!」 なんだろうね、このテンションの上がり具合は。
まだ何も達成されていないと言うに。
彼女は、隣の駅に住む34歳独身女子。
保育士らしい。
僕よりも5歳も年上なのだが、容姿もプロフィールも全然許容範囲だったため、送ってみました。
さてさて、どんな人なんでしょとメッセージでやりとりしていくと、 「出会い系サイトは料金取られちゃうからラインでやり取りしませんか?」 と向こうからアプローチしてくれた。
非常に助かる!確かに出会い系サイトはメッセージするにもちょいちょいお金がかかるのです。
やりとりはラインへと移行され、その流れでそのまま会う約束までとりつけてしまった。
これはビギナーズラックというものなのだろうか。
なんにせよ、僕は出会い系サイトを始めた翌日には出会いまでつなげることができた。